Talk 2

マハルシ 画像

Someone enquired about the nature of perception.

M.: Whatever state one is in, the perceptions partake of that state. The explanation is that in the waking state (jagrat) the gross body perceives gross names and forms; in swapna (the dream state) the mental body perceives the mental creations in their manifold forms and names; in the sushupti (deep dreamless sleep), the identification with the body being lost, there are no perceptions; similarly in the Transcendental state identity with Brahman places the man in harmony with everything, and there is nothing apart from his Self.

ある人が知覚の性質について尋ねた。

マハルシ: 人が何からの状態にある場合、知覚はその状態の性質をいくぶん帯びることになる。説明しよう。目覚めている時、粗雑な肉体は粗雑な名前と形を認識する。夢を見ている時は、精神体は様々な形と名前をもつ精神的創造物を知覚する。夢を見ないような深い眠りにある時は、肉体との一体感は失われ、知覚は存在しない。同様に、超越的な状態では、ブラフマンとの一体感が人をあらゆるものと調和させる。真我から離れて存在するものはなくなるのだ。

  • partake of Aで「Aの性質がいくらかある」という意味。
  • 「真我から離れて存在するものはない」ということは、逆に言えば、「すべてが真我(=神)である」ということだろう。このことを悟ることができるかどうか、である。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s