Talk 3

マハルシ 画像

A question was asked as to the nature of happiness.

M.: If a man thinks that his happiness is due to external causes and his possessions, it is reasonable to conclude that his happiness must increase with the increase of possessions and diminish in proportion to their diminution. Therefore if he is devoid of possessions, his happiness should be nil. What is the real experience of man? Does it conform to this view? In deep sleep the man is devoid of possessions, including his own body. Instead of being unhappy he is quite happy. Everyone desires to sleep soundly. The conclusion is that happiness is inherent in man and is not due to external causes. One must realise his Self in order to open the store of unalloyed happiness.

 

幸福の性質について質問がなされた。

マハルシ:もし人が、外的な原因や所有物が幸福をもたらすと考えているならば、物が増えれば増えるほど幸福は増し、逆に、物が減れば減るほど幸福も減ると結論づけるのは当然である。したがって、もし彼に持ち物がなくなったら、幸福はゼロになるはずだ。が、実際の人間の経験はどうだろうか?この考え方に一致しているだろうか?深い眠りの中では、自身の肉体も含め、人間は何も持ってはいない。しかし、不幸であるどころか、とても幸せである。だれもがぐっすりと眠ることを切に望んでいる。結論はこうだ。幸福とは人間の内側にあるものであって外的な要因によるものではない。真の幸福の蔵を開くためには、人は真我を悟らなければいけないのだ。

  • ここは非常にわかりやすい説明である。幸せと物の所有とは関係がないこと。つまり、「お金持ちになれば幸せになれる」という俗説を明快に否定している。
  • 真の幸福とは真我を悟ることである、ということもまた明快である。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s