Talk 4

マハルシ 画像

Maharshi was asked by an educated young man: “How do you say that the Heart is on the right, whereas the biologists have found it to be on the left?” The man asked for authority.

M.: Quite so. The physical organ is on the left; that is not denied. But the Heart of which I speak is non-physical and is only on the right side. It is my experience, no authority is required by me. Still you can find confirmation in a Malayalam Ayurvedic book and in Sita Upanishad;

and he produced the quotation (mantra) from the latter and repeated the text (sloka) from the former.

教養ある若者がマハルシに尋ねた。「どうして”心臓”は右にあると言うのですか?生物学者なら、皆心臓は左にあるということがわかっています」と。その若者は、発言の根拠を求めた。

マハルシ:まったくその通りだ。物理的な器官としての心臓は左にある。それは否定できない。が、私が言うところの”心臓”は、物理的なものではないのだ。それは右側にしかない。それは私の経験であるから、根拠はないとも言える。しかし、それでもなお、マラヤラム語の アーユルヴェーダの書とSita Upanishadの中に、その確証を見つけることはできる。

彼はSita Upanishadからマントラを引用し、アーユルヴェーダからの一節を繰り返した。

  • heartの訳語は「心臓」以外にも、「心」「中心部」などがある。若者は文字通りの「心臓」と捉え、マハルシは、人間の中心部分、核心部分として、この言葉を用いている。
  • 人間の右胸は神の宿る場であることが後に明らかにされる。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s