Talk 8 (1)

マハルシ 画像

“Can anyone get any benefit by repeating sacred syllables (mantras) picked up casually?

M.: “No. He must be competent and initiated in such mantras.” Maharshi illustrated this by the following story:

A King visited his Premier in his residence. There he was told that the Premier was engaged in repetition of sacred syllables (japa). The King waited for him and, on meeting him, asked what the japa was. The Premier said that it was the holiest of all, Gayatri. The King desired to be initiated by the Premier. But the Premier confessed his inability to initiate him. Therefore the King learned it from someone else, and meeting the Minister later he repeated the Gayatri and wanted to know if it was right. The Minister said that the mantra was correct, but it was not proper for him to say it.

「何気なく選んだ聖なるマントラを繰り返し唱えると、何かよいことがありますか?」

マハルシ:「いや、そうではない。そのようなマントラを唱えるには、それにふさわしい能力が必要であり、手ほどきを受けていなければ意味がない」。マハルシは、このことを次の物語によって説明した。

ある王様が、自宅にいる首相のところにやってきた。首相は今聖なるマントラを唱えているところであると言われ、彼は待つことになった。王様が彼を待っていると、首相がやってきた。会うなり、聖なるマントラとは何かと尋ねた。首相は、それは聖なるものの中でも最も聖なるGayatriであると言った。王様は、首相にその手ほどきを受けたいと要望した。が、首相は彼には手ほどきをすることはできそうもないと告白した。それで王様は他の人から学ぶことになった。そして、後に首相に会った時に、Gayatriを繰り返し唱え、正確であったかどうかを知りたがった。首相は、マントラは正確であったが、唱えるのは相応しくないと言った。

  • ここでは興味深い話がされる。聖なる言葉をいくら口にしようとも、そもそもそれを口にする「資格」がいる、というのだ。聖なる言葉とは、単なる呪文のようなものではないことがわかる。
Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s