Talk 13 (9)

マハルシ 画像

D.: I understand theoretically. But they are still there.

M.: Yes. It is like a cinema-show. There is the light on the screen and the shadows flitting across impress the audience as the enactment of some piece. Similarly also will it be, if in the same play an audience also is shown. The seer, the seen, will then only be the screen. Apply it to yourself. You are the screen, the Self has created the ego, the ego has its accretions of thoughts which are displayed as the world, the trees, plants, etc., of which you are asking. In reality, all these are nothing but the Self. If you see the Self, the same will be found to be all, everywhere and always. Nothing but the Self exists.

信奉者:理論的には理解できます。しかし、思考はそれでもなおそこに存在しています。

マハルシ:そう、それはあたかも映画のようなものだ。スクリーン上には光が当たっている。せわしなく動く影が映画の上演であるという印象を与えている。もし、その劇の中に、観ている観客自身が映し出された場合はどうだろうか。これもまた同様のことが起こるだろう。観る者、観られる者が、その時一緒に、スクリーン上に存在していることになる。これを自分自身に当てはめてみなさい。あなた自身がスクリーンである。真我は自我を創り出し、自我は思考を増大させる。そしてその思考が、あなたが質問するところの世界や木々や植物などとして映し出されている。現実には、これらすべては真我以外の何物でもない。もしあなたが真我を見るならば、それはすべてのものであり、あらゆるものであり、不滅のものであることがわかるだろう。真我以外に存在するものは何もないのだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s