Talk 16 (6)

マハルシ 画像

With regard to the question concerning departed souls: so long as a man identifies himself with his gross body the thought materialised as gross manifestations must be real to him. Because his body is imagined to have originated from another physical being, the other exists as truly as his own body. Having existed here once it certainly survives death, because the offspring is still here and feels he has been born of the other. Under these circumstances the other world is true; and the departed souls are benefited by prayers offered for them.

亡くなった人の魂についての質問に関して、マハルシは言う。人が自分自身を粗末な肉体であると考えているならば、粗野な現れとして具現化する思考は、彼にとっての現実であるにちがいない。肉体は別の物質的存在から生まれたと想像しているので、その物質的存在もまた彼の体と同じくらいに真に存在していることになる。一度この世に存在した以上、魂は確実に死後も存在する。子孫はまだこの世にいて、その魂は再び他の物質的存在から生まれたのだろうと感じているからである。こうした状況の下では、あの世は真実である。そして、亡くなった人の魂は、彼らに捧げられる祈りによって恩恵を受けることができる。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s