Talk 17 (13)

マハルシ 画像

D.: Celibacy is a sine qua non for Yoga?

M.: So it is. Celibacy is certainly an aid to realisation among so many other aids.

D.: Is it then not indispensable? Can a married man realise the Self?

M.: Certainly, it is a matter of fitness of mind. Married or unmarried, a man can realise the Self, because that is here and now. If it were not so, but attainable by some efforts at some other time, and if it were new and something to be acquired, it would not be worthy of pursuit. Because what is not natural cannot be permanent either. But what I say is that the Self is here and now and alone.

信奉者:独身主義は、ヨーガにとって必須条件でしょうか?

マハルシ:そう言える。多くの助けとなるものがある中で、独身主義は確かに悟りにとって一つの補助とはなる。

信奉者:それでは、絶対に必要というわけではないのですね。既婚者も真我を悟ることはできますか?

マハルシ:確かに、それは心の適性の問題である。結婚をしていようといまいと、人は真我を悟ることができる。なぜなら、真我は、今・ここにあるからだ。もし仮にそうでなかったならば、すなわち、今以外の時に、なんからの努力で新たに獲得されるものであるならば、あるいは、今までなかった新しいもので、これから新たに獲得しなければいけないものであるならば、それは探し求めるに値しないだろう。なぜなら、自然でないものは永続的であるはずもないからである。が、私が言っているのは、真我は今・ここにあり、真我だけが存在しているということなのだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s