Talk 17 (14)

マハルシ 画像

D.: God being immanent in all, one should not take life of any kind. Is society right in taking the life of a murderer? Can the State do so either? The Christian countries begin to think that it is wrong to do so.

M.: What is it that prompted the murderer to commit the crime? The same power awards him the punishment. Society or the State is only a tool in the hands of the power. You speak of one life taken away; But what about innumerable lives lost in wars?

D.: Quite so. Loss of lives is wrong anyway. Are wars justified?

M.: For a realised man, the one who remains ever in the Self, the loss of one or several or all lives either in this world or in all the three worlds makes no difference. Even if he happens to destroy them all, no sin can touch such a pure soul.

Maharshi quoted the Gita, Chapter 18, Verse 17 – “He who is free from the notion of ego, whose intellect is unattached, though he annihilates all the worlds, he slayeth not, nor is he bound by the results of his actions.”

信奉者:神がすべての中に内在するとなると、どんな種類のものであれ、人は命を奪うべきではないと思います。殺人を犯した者の命を奪う社会は正しいのでしょうか?国も、そのようなことができるのでしょうか?キリスト教の国は、それは間違っていると思い始めています。

マハルシ:何がその殺人者に犯罪を犯すよう駆り立てたのか?それと同じ力が彼に罰を与えることにもなる。社会であれ、国家であれ、その力にとっては単なる道具に過ぎない。あなたは、一つの命が奪われることについて語っているが、戦争の中で失われる無数の命についてはどうだろうか?

信奉者:まったくその通りです。命が失われることは、いずれにせよ間違っています。戦争は正当化できるのでしょうか?

マハルシ:悟った者、すなわち、真我の中に常にいる者にとっては、この世であれ、三界であれ、一人あるいは数人、あるいはすべての命が失われることであっても同じである。たとえ、彼がうっかり、その世界すべてを破壊することがあったとしても、そのような純粋な魂には罪は一切ない。

マハルシはGitaの第18章の詩17を引用した。「彼には自我の観念がない。彼の知性には執着がない。彼にはすべての世界を殲滅する力があるが、人を殺害することはなく、また自らの行動の結果に拘束されることもない」と。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s