Talk 20 (1)

マハルシ 画像

Mr. Evans-Wentz: Is solitude necessary for a Jnani?

M.: Solitude is in the mind of man. One might be in the thick of the world and maintain serenity of mind; such a one is in solitude. Another may stay in a forest, but still be unable to control his mind. He cannot be said to be in solitude. Solitude is a function of the mind. A man attached to desire cannot get solitude wherever he may be; a detached man is always in solitude.

Evans-Wentz氏:修行者は、独りでいることが必要でしょうか?

マハルシ:独りにして自由な状態とは、人間の心の中のことである。世の中の喧騒の中にいながら、心の平静を保つことができる者がいる。そのような人間は、独りでいて自由な境涯であるといえる。また一方で、森にいながら、自分の心をコントロールすることができない者がいるかもしれない。そのような人間は独りでかつ自由であるとはいえない。独りでいて自由な状態であるというのは、心の機能である。欲望に執着している限り、どこにいようとも、人は独りで自由になることはできない。執着を離れた人間は、常に独り自由な境涯である。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s