Talk 20 (3)

マハルシ 画像

D.: They say that there are many saints in Tibet who remain in solitude and are still very helpful to the world. How can it be?

M.: It can be so. Realisation of the Self is the greatest help that can be rendered to humanity. Therefore, the saints are said to be helpful, though they remain in forests. But it should not be forgotten that solitude is not in forests only. It can be had even in towns, in the thick of worldly occupations.

信奉者:チベットには、独りでいながらにして、世界に大いに役に立っている聖人が大勢いると聞きます。どのようにしてそれが可能なのでしょうか?

マハルシ:それは可能である。真我を悟ることは、人類に対して与えることのできる、最も偉大な助けである。それゆえ、その聖人たちは森の中にいようとも、人類の役に立っていると言えるのだ。が、次のことは忘れてはならない。独りでいることは、森の中にいることによってのみ可能というわけではなく、街の中でさえ、あるいは世俗的な職の忙しさの中でも可能であるということである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s