Talk 25 (1)

マハルシ 画像

On a former occasion B. V. Narasimha Swami, author of Self-Realization, asked: Who am I? How is it to be found?

以前、『悟り』の著者であるB.V.Narasimha Swami氏がこう尋ねた。「私は誰ですか?どのようにすればそれを見つけることができるのですか?」と。

M.: Ask yourself the question. The body (annamaya kosa) and its functions are not ‘I’. Going deeper, the mind (manomaya kosa) and its functions are not ‘I’. The next step takes on to the question. “Wherefrom do these thoughts arise?” The thoughts are spontaneous, superficial or analytical. They operate in intellect. Then, who is aware of them? The existence of thoughts, their clear conceptions and their operations become evident to the individual. The analysis leads to the conclusion that the individuality of the person is operative as the perceiver of the existence of thoughts and of their sequence. This individuality is the ego, or as people say ‘I’. Vijnanamaya kosa (intellect) is only the sheath of ‘I’ and not the ‘I’ itself.

マハルシ:その問いを自分自身に行いなさい。肉体やその機能は「私」ではない。さらに言えば、心とその機能も「私」ではない。次にすべき問いは「これらの思考はどこから生じるのか?」である。思考は自然発生的であり、表面的であり、また分析的である。それは知性の中で機能している。それでは、その思考を意識しているのは一体誰なのか?思考の存在、思考の明白な概念作用、思考の働きは、その人物にとっては明らかである。こうした分析をしてみると、人の個性というものは、思考および思考の結果の受け手として機能しているという結論に達する。この個性が自我であり、人々が「私」というところのものである。知性は「私」の表面部分でしかなく、「私」それ自体ではない。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s