Talk 25 (8)

マハルシ 画像

While Self or Spirit is unmanifest and inactive, there are no relative doubles; e.g., subject and object – drik and drisya. If the enquiry into the ultimate cause of manifestation of mind itself is pushed on, mind will be found to be only the manifestation of the Real which is otherwise called Atman or Brahman. The mind is termed sukshma sarira or ‘subtle-body’; and jiva is the individual soul. The jiva is the essence of the growth of individuality; personality is referred to as jiva. Thought or mind is said to be its phase, or one of the ways in which the jiva manifests itself – the earlier stage or phase of such manifestation being vegetative life. This mind is always seen as being related to, or acting on, some non-mind or matter, and never by itself. Therefore mind and matter co-exist.

マハルシ(続き):自我あるいは霊がはっきりとせず、活動していない間は、主観と客観、drikとsrisyaなどのような相対的な二重性というものはない。もし、心それ自体の現れの究極的な原因を問い詰めていくと、それは「真の現実」、別の言い方ではアートマンあるいはブラフマンと呼ばれるものの一つの顕われでしかないということがわかるだろう。心はsuskshma sarira、「精妙な肉体」と言われ、jivaとは個々の魂のことである。jivaは個性の発達に必要不可欠なものであり、人格がjivaと呼ばれる場合もある。思考あるいは心は、jivaの一つの側面、あるいはjivaの顕われ方の一つであると言われている。そのようなjivaの顕現のさらに初期の段階・側面が無為の生活である。心はいつも心ではないもの、あるいは物質に関係し、それに作用を及ぼしていると見られ、決して単独では存在しない。それゆえ、心と物質は常に共存しているのである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s