Talk 28 (5)

マハルシ 画像

D.: What is the nature of the Reality?

M.: (a) Existence without beginning or end – eternal. (b) Existence everywhere, endless, infinite. (c) Existence underlying all forms, all changes, all forces, all matter and all spirit. The many change and pass away (phenomena), whereas the One always endures (noumenon). (d) The one displacing the triads, i.e., the knower, the knowledge and the known. The triads are only appearances in time and space, whereas the Reality lies beyond and behind them. They are like a mirage over the Reality. They are the result of delusion.

信奉者:「現実」の性質はどのようなものですか?

マハルシ:a) 始まりも終わりもない永遠の存在である。b) どこにでもあり、果てしない無限の存在である。c)  すべての形あるもの、変化、力、物質、霊の根底に横たわる存在である。「多なるもの」は変化し、通り過ぎて行く。しかし「一なるもの」は常にそこに在り、消えることはない。d)  三者、すなわち、知る者、知識、知られるものに取って代わるものである。三者は時間と空間の中においてのみ現れるものであるが、「現実」はそれらを超えて、またその背後に横たわっている。三者は「現実」の上にかかる蜃気楼のようなものであり、迷いの結果なのだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s