Talk 31 (8)

マハルシ 画像

D.: Should I not go on with repetition of sacred syllables, (mantra japa), e.g., Krishna or Rama’s name, when I worship images?

M.: Mental japa is very good. That helps meditation. Mind gets identified with the repetition and then you get to know what worship (puja) really is – the losing of one’s individuality in that which is worshipped.

信奉者:偶像を崇拝する時、聖なる言葉、例えばクリシュナやラーマの名前などを繰り返し唱えるべきでしょうか?

マハルシ:心の中で聖なる言葉を繰り返すのはとても良い。瞑想を助けることになる。心はその繰り返しと同化し、崇拝とは本当はどのようなものなのかがわかるようになる。すなわち、崇拝の対象の中に自分の個性が溶け込み、なくなることなのだ。

Advertisements

Talk 31 (7)

マハルシ 画像

D.: Is it not possible to get a vision of God?

M.: Yes. You see this and that. Why not see God? Only you must know what God is. All are seeing God always. But they do not know it. You find out what God is. People see, yet see not, because they know not God.

信奉者:神を見ることは可能ではないのでしょうか?

マハルシ:可能である。ここかしこに見える。なぜ神が見えないのだろうか?あなたは神とは何であるかを知らなければならない。すべては常に神を見ることなのだ。しかし、人々はそれを知らない。神とは何であるか見つけ出しなさい。人々は見ているようで見ていない。なぜなら、彼らは神とは何であるかを知らないからである。

Talk 31 (6)

マハルシ 画像

D.: Are not abstinence and pure food helpful?

M.: Yes, all that is good. (Then Maharshi concentrates and silently gazes at vacancy, and thus sets an example to the questioner).

D.: Do I not require Yoga?

M.: What is it but the means to concentration?

D.: To help concentration, is it not good to have some aids?

M.: Breath-regulation, etc., are such helps.

信奉者:断食や純粋な食べ物は役に立たないのでしょうか?

マハルシ:役に立つ。すべてよいことだ。(そして、マハルシは意識を集中させ、無言で空を見つめる。このようにして、質問者に対して範を示すのだ)。

信奉者:ヨガをやる必要はないのでしょうか?

マハルシ:ヨガとは集中への手段以外の何ものでもない。

信奉者:集中を助けるために、何らかの補助を持つことは良くないのですか?

マハルシ:呼吸の統制などがそのような助けとなる。

Talk 31 (5)

マハルシ 画像

D.: My mind is very unsteady. What should I do?

M.: Fix your attention on any single thing and try to hold on to it. All will be right.

D.: I find concentration difficult.

M.: Go on practising. Your concentration will be as easy as breathing. That will be the crown of your achievements.

信奉者:私の心はとても不安定です。何をするべきでしょうか?

マハルシ:何でもよいから、注意を一つのものに固定し、それにしっかりしがみつくようにしなさい。すべてはうまくいく。

信奉者:集中するのは難しく思ってしまいます。

マハルシ:練習を続けなさい。やがて集中は呼吸と同じくらい容易くなる。それはあなたが今まで成し遂げた様々なことに対する立派な王冠となるだろう。

Talk 31 (4)

マハルシ 画像

D.: What are the steps of practical training (sadhana) for it?

M.: It depends on the qualifications and the nature of the seeker.

D.: I am doing idol worship.

M.: Go on with it. It leads to concentration of mind. Get one-pointed. All will come out right. People think that freedom (moksha) is somewhere yonder and should be sought out. They are wrong. Freedom (moksha) is only knowing the Self within yourself. Concentrate and you will get it. Your mind is the cycle of births and deaths (samsara).

信奉者:それに対する具体的な訓練の手順はどのようなものでしょうか?

マハルシ:それは見る者の資質と性質によって異なる。

信奉者:私は偶像崇拝を行っています。

マハルシ:それを続けなさい。それは心の集中をもたらす。一点に集中するのだ。そうすれば、すべてがうまくいくだろう。人々は自由はどこか別の場所にあり、探し出すべきだと考える。が、そうではない。自由とは自身の内側にある真我を知ること以外にないのだ。集中しなさい、そうすればそれを得ることができる。あなたの心は生と死の輪廻である。

Talk 31 (3)

マハルシ 画像

D.: Should I not leave my wife and family?

M.: How do they harm you? First find out who you are.

D.: Should not one give up wife, wealth, home?

M.: Learn first what samsara is. Is all that samsara? Have there not been men living among them and getting realisation?

信奉者:私は妻と家族のもとを去る必要はないのでしょうか?

マハルシ:どのようにすれば彼らがあなたに害を与えるというのか。あなたが何者であるのか。それを真っ先に見つけ出しなさい。

信奉者:妻や富や家を捨てるべきではないと?

マハルシ:輪廻についてまずは学びなさい。すべては輪廻なのだろうか?世俗にいながら悟りを得た者はいなかったのか?と。

Talk 31 (2)

マハルシ 画像

D.: Should I do idol worship? Is there any harm in it?

M.: So long as you think you are the body there is no harm.

D.: How to get over the cycle of births and deaths?

M.: Learn what it means.

信奉者:私は偶像崇拝をするべきなのでしょうか?何か害はありますか?

マハルシ:あなた自身がその像であると考える限りは、害はない。

信奉者:生と死の輪廻を克服するにはどうしたらよいのでしょうか?

マハルシ:それが何を意味するのかを学びなさい。

 

Talk 31 (1)

マハルシ 画像

A visitor asked: What to do to get liberation (moksha)?

M.: Learn what liberation is.

D.: Should I do worship (upasana) for it?

M.: Worship is for mind control (chitta nirodha) and concentration.

ある訪問者が訪ねた:真の自由を得るために、何をしたらよいのでしょうか?

マハルシ:自由とは何かを学びなさい。

信奉者:崇拝をする必要があるのでしょうか?

マハルシ:崇拝とは心の統制と集中のためにある。

Talk 30 (14)

マハルシ 画像

D.: I have my professional work and yet I want to be in perpetual dhyana. Will they conflict with each other?

M.: There will be no conflict. As you practise both and develop your powers you will be able to attend to both. You will begin to look on business as a dream. Says the Bhagavad Gita: “That which is the night of all beings, for the disciplined man is the time of waking; when other beings are waking, then is it night for the sage who seeth.” (11.69.)

信奉者:私は専門の職を持っていますが、永遠の瞑想に入りたいという願望も持っています。それらは相反するものなのでしょうか?

マハルシ:まったく矛盾はないだろう。あなたが両方を実践し、様々な力が増すにつれ、その両方に集中することができるようになる。あなたは仕事を一つの夢であると思い始めるだろう。Bhagavad Gitaにはこうある。「すべての存在にとって夜であるものは、訓練された者にとっては目覚めの時である。他の存在が目覚めている時、それは聖人にとっては夜である」と。

Talk 30 (13)

マハルシ 画像

D.: Sir, I have faith – and still I encounter difficulties. Weakness and giddiness afflict me after I practise concentration.

M.: Breath-control (pranayama) properly performed should increase one’s strength.

信奉者:私は信仰を持っていますが、それでもなお様々な困難に遭遇します。集中を実践した後、弱さと眩暈に苦しみます。

マハルシ:呼吸の統制を適切に行えば、人間は強くなれる。