Talk 29 (5)

The Heart is used in the Vedas and the scriptures to denote the place whence the notion ‘I’ springs. Does it spring only from the fleshy ball? It springs within us somewhere right in the middle of our being. The ‘I’ has no location. Everything is the Self. There is nothing but that. So the Heart must be said to be the entire body of ourselves and of the entire universe, conceived as ‘I’. But to help the practiser (abhyasi) we have to indicate a definite part of the Universe, or of the Body. So this Heart is pointed out as the seat of the Self. But in truth we are everywhere, we are all that is, and there is nothing else.

マハルシ 画像

マハルシ(続き):Heartという言葉は、「私」という考えが生じる場所を示すために、ヴェーダや聖典の中で使われている。「私」という考えは、肉の球体からのみ生じるのだろうか?そうではない。それは、我々の存在のまさにど真ん中にある、どこか我々の内側で生じるのだ。「私」は場を持たない。あらゆるものが真我である。それ以外には何も存在しない。したがって、Heartという言葉は、我々自身の、そして「私」という言葉で考えられる宇宙全体の総体であると言わねばならない。しかし、真理の実践者を助けるために、我々は宇宙の、すなわちその「体」のはっきりとした部分を指し示さなければならない。ゆえに、このHeartは自我の座として指摘されるのだ。が、真実は、我々はどこにでも存在し、我々は存在するすべてであり、他には何もないのである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s