Talk 30 (12)

マハルシ 画像

D.: I am a sinner. I do not perform religious sacrifices (homas), etc. Shall I have painful rebirths for that reason? Pray save me!

M.: Why do you say that you are a sinner? Your trust in God is sufficient to save you from rebirths. Cast all burden on Him. In the Tiruvachagam it is said: “Though I am worse than a dog, you have graciously undertaken to protect me. This delusion of birth and death is maintained by you. Moreover, am I the person to sift and judge? Am I the Lord here? Oh Maheswara! It is for you to roll me through bodies (by births and deaths) or to keep me fixed at your own feet.” Therefore have faith and that will save you.

信奉者:私は罪人です。私は、宗教的犠牲を払っていません。私は苦しい転生をすることになるのでしょうか?私を救うよう祈って下さい!

マハルシ:なぜあなたは自分を罪人であると言うのか?あなたの神への信仰は、苦しい転生をする必要のないほど十分なものだ。すべての重荷を神に委ねなさい。Tiruvachagamの中では、こう言われている。「私は犬よりも劣るけれど、あなたは畏れ多くも私を守ることを引き受けて下さった。あなたは、この生と死の迷いを司っておられる。さらに、私は人をふるいにかけ、判断するような人間なのでしょうか?ここでは私が神なのでしょうか?Maheswaraよ!私を丸めて肉体に入れるか、あるいは私があなたの足元にしっかりといさせるかは、あなたしだいなのです」と。神に対する信仰をしっかり持ちなさい。そうすればあなたは救われるだろう。

Advertisements

Talk 30 (11)

マハルシ 画像

D.: I am satisfied with that portion.

M.: Then treat all the rest as artha vada (auxiliary arguments) or expositions for the sake of the ignorant who seek to trace the genesis of things and matters.

信奉者:その部分については納得がいきます。

マハルシ:そうであれば、残りはすべて些細な議論であり、物や物質の起源を探ろうと努める無知な者たちのための解説であると考えなさい。

Talk 30 (10)

マハルシ 画像

D.: The Vedas contain conflicting accounts of Cosmogony. Ether is said to be the first creation in one place; vital energy (prana) in another place; something else in yet another; water in still another, and so on. How are these to be reconciled? Do not these impair the credibility of the Vedas?

M.: Different seers saw different aspects of truths at different times, each emphasising some one view. Why do you worry about their conflicting statements? The essential aim of the Veda is to teach us the nature of the imperishable Atman and show us that we are That.

信奉者:ヴェーダには、宇宙の起源について矛盾した説明があります。エーテルが最初に創られ、生命エネルギーが次に創造され、他のものは次に、水はさらに次に創造されたなどとあります。これらの説明が満足できるものとは思えません。こうした説明はヴェーダの信頼性を失いはしませんか?

マハルシ:見る者が違うために、違った時に、真実の違った側面を見たのだ。各人が一つのものの見方を強調したに過ぎない。なぜあなたはそのような矛盾した記述について心配しているのか?ヴェーダの本質的な目的は、我々に不滅のアートマンの本質を教え、我々こそはまさに「それ」なのだということを示すことにある。

Talk 30 (9)

マハルシ 画像

D.: But the sages Vasistha and Valmiki possessed such powers?

信奉者:しかし、聖者VasisthaやValmikiは、そのような力を持っていたのでは?

M.: It might have been their fate (prarabdha) to develop such powers (siddhis) side by side with their wisdom (jnana). Why should you aim at that which is not essential but apt to prove a hindrance to wisdom (jnana)? Does the Sage (Jnani) feel oppressed by his body being visible?

マハルシ:彼らが知恵と並行してそのような力を発達させたのは、ひょっとしたら彼らの運命であったかもしれない。なぜあなたは、そのような知恵にとっては不可欠なものではなく、かえって妨げになりうるものを目指すのか?聖人たちは、肉体が見えることによって何か圧迫されていると感じるのだろうか?

D.: No.

信奉者:いいえ。

M.: A hypnotist can render himself suddenly invisible. Is he therefore

a Sage (Jnani)?

マハルシ:催眠術師は突然自らの姿を消すことができるが、だからといって彼は聖人と言えるのだろうか?

D.: No.

信奉者:いいえ。

M.: Visibility and invisibility refer to a seer. Who is that seer? Solve that first. Other matters are unimportant.

マハルシ:見える、見えないと言っても、それは見る者の問題である。その見る者とは一体誰なのか?その問題を第一に考えなさい。その他の問題は重要ではない。

Talk 30 (8)

マハルシ 画像

D.: Is it not necessary or at least advantageous to render the body invisible in one’s spiritual progress?

M.: Why do you think of that? Are you the body?

信奉者:霊的な進化の中で肉体を見えなくすることは必要ではないのでしょうか?少なくとも利点があると思うのですが。

マハルシ:なぜそう思うのだ。あなたは肉体なのだろうか?

D.: No. But advanced spirituality must effect a change in the body.

Is it not so?

M.: What change do you desire in the body, and why?

信奉者:いいえ。しかし、霊性が進歩すると肉体に変化が起こるに違いありません。そうではないのですか?

マハルシ:どんな変化が肉体に起こって欲しいと思うのか?そしてなぜ?

D.: Is not invisibility evidence of advanced Wisdom (jnana)?

M.: In that case, all those who spoke, who wrote and who passed their lives in the sight of others must be considered ignorant (ajnanis)!

信奉者:肉体が目に見えなくなることは、進歩した知恵の証拠ではないでしょうか?

マハルシ:もしそうならば、他人に見えながらしゃべり、書き、生活を送る人はみな無知であると考えなくてはならなくなるだろう。

Talk 30 (7)

マハルシ 画像

D.: If we think “I am the real,” will it do?

M.: All thoughts are inconsistent with realisation. The correct state is to exclude thoughts of ourselves and all other thoughts. Thought is one thing and realisation is quite another.

信奉者:もし私たちが「私こそが現実だ」と思うなら、それはそうなるのでしょうか?

マハルシ:すべての思考は、悟りとは一致しない。正しい状態は、すべての思考を我々自身から締め出すことだ。思考と悟りは全く別のものである。

Talk 30 (6)

マハルシ 画像

D.: Should it be realised as “I am not the body, nor the agent, nor the enjoyer, etc.”?

M.: Why these thoughts? Do we now think that we are men, etc.? By not thinking so, do we cease to be men?

信奉者:「至高の意識」は「私は肉体ではなく、仲介者でもなく、楽しむ者でもない」などとして認識されるべきですか?

マハルシ:なぜそのような思考なのだろうか?我々は今、我々が人間であるなどと考えるだろうか?そう考えないことによって、我々は人間でなくなるとでも言うのだろうか?

D.: Should one realise it then by the scriptural text such as “There are no differences here”.

M.: Why even that?

信奉者:それでは、人は「ここに違いはない」などの聖典の言葉によって、「至高の意識」を認識するのでしょうか?

マハルシ:それでさえも同じことだ。

Talk 30 (5)

マハルシ 画像

D.: How are we to conceive of Supreme Consciousness (Chaitanya Brahman)?

M.: As that which is.

信奉者:我々はどうすれば「至高の意識」を思うことができるのでしょうか?

マハルシ:存在するものとして思いなさい。

D.: Should it be thought of as Self-Effulgent?

M.: It transcends light and darkness. An individual (jiva) sees both. The Self enlightens the individual to see light and darkness.

信奉者:それは「自己が輝くこと」と考えるべきでしょうか?

マハルシ:「至高の意識」は光と闇を超越したものである。人間は光と闇の両方を見る。真我が光と闇の両方を見せているからだ。

Talk 30 (4)

マハルシ 画像

D.: Is He subject to pralaya (cosmic dissolution)?

M.: Why? Man becoming aware of the Self transcends cosmic dissolution (pralaya) and becomes liberated (mukta). Why not God (Iswara) who is infinitely wiser and abler?

信奉者:神は「宇宙の消滅」に影響されますか?

信奉者:なぜそう思うのか?人間でさえ、真我に目覚めれば、「宇宙の消滅」を超越し、自由になることができる。なぜ無限に賢く力ある神が、それができないというのだろう。

D.: Do devas and pisachas (devils) exist similarly?

M.: Yes.

信奉者:神々や悪魔も同じように存在しているのでしょうか?

マハルシ:そうだ。

Talk 30 (3)

マハルシ 画像

D.: Then it is only idea – that which I can create and control?

M.: Everything is like that.

信奉者:それは観念でしかありません。私が創ってコントロールできるものですよね?

マハルシ:あらゆるものがそうである。

D.: But I can create pure fictions e.g., hare’s horn or only part truths, e.g. mirage, while there are also facts irrespective of my imagination. Do the gods Iswara or Vishnu exist like that?

M.: Yes.

信奉者:しかし、私は純粋な作り話を創り出すことができます。例えば、うさぎの角ですとか、あるいはほんの一部しか真実を含まないものであるとか。例えば、どこか余所に移住するとか。ですが、その一方で、私の想像とは関係のない事実もまたあります。Iswara神やVishunu神は、そのように存在しているのでしょうか?

マハルシ:その通りだ。