Talk 33 (1)

マハルシ 画像

A visitor: “The Supreme Spirit (Brahman) is Real. The world (jagat) is illusion,” is the stock phrase of Sri Sankaracharya. Yet others say, “The world is reality”. Which is true?

M.: Both statements are true. They refer to different stages of development and are spoken from different points of view. The aspirant (abhyasi) starts with the definition, that which is real exists always; then he eliminates the world as unreal because it is changing. It cannot be real; ‘not this, not this!’ The seeker ultimately reaches the Self and there finds unity as the prevailing note. Then, that which was originally rejected as being unreal is found to be a part of the unity. Being absorbed in the Reality, the world also is Real. There is only being in Self-Realisation, and nothing but being.

訪問者:「至高の霊たるブラフマンは実在である。世界は幻である」という言葉は、Sri Sankaracharyaの決まり文句ですが、「世界は現実である」という人もいます。どちらが本当なのでしょうか?

マハルシ:両方とも真実である。それらの言葉は発達の違う段階を指しており、違う観点から語られている。真理を求める者は、常に真に存在するものの定義から始める。すると、世界は真実ではないとして退ける。なぜなら、世界は常に変化しているからだ。そのようなものが真実であるはずがない。「これではない、これも違う!」と言いながら。「見る者」は、究極的には真我に達し、そこに一般的な特徴としての調和を見つける。すると、もともと非現実であるとして拒絶されたものが、実はその調和の一部であることがわかる。現実世界に浸かっているとき、世界もまた現実である。真我を悟る時、そこには「存在」しかない。「存在」以外には何もないのだ。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s