Talk 40 (3)

マハルシ 画像

All people cannot be expected to do the same kind of action. Each one acts according to his temperament and past lives. Wisdom, Devotion, Action (jnana, bhakti, karma) are all interlocked. Meditation on forms is according to one’s own mind. It is meant for ridding oneself of other forms and confining oneself to one form. It leads to the goal. It is impossible to fix the mind in the Heart to start with. So these aids are necessary. Krishna says that there is no birth (janma) to you, me, etc., and later says he was born before Aditya, etc. Arjuna disputes it. Therefore it is certain that each one thinks of God according to his own degree of advancement.

マハルシ(続き):すべての人間が同じ行動を取ることができるわけではない。各人は、個人の気質と過去生に応じて行動しているからだ。知恵、献身、行動はすべて連動している。様々な形あるものについての沈思黙考は、自分自身の心と一致している。それは、他の様々な形あるものから自分を取り除き、別の形あるものに閉じ込めるために行われる。そうすることによって目標に達することができるのだ。最初から心をHeartに固定することはできない。それゆえ、こうした補助が必要となるのである。クリシュナはこう言っている。「あなたにも、私にも、そもそも誕生というものはない」と。また、後に「Adityaなどの前に、すでに私は生まれていたのだ」と。が、Arjunaはそれについて異議を唱えている。こうしてみると、確かに各人は、自身の進化の程度に応じて、神について考えているのである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s