Talk 41 (9)

マハルシ 画像

D.: Is a man to engage in teaching his knowledge however imperfect?

M.: If his prarabdha be that way. In the seventh chapter, Arjuna asks if Karma is a method (sadhana). Krishna answers that it is so if done without the sense of doership. So also are Karmas approved by scriptures which deny Karma. The Karma disapproved by them is that which is done with the sense of doership. Do not leave Karma. You cannot do so. Give up the sense of doership. Karma will go on automatically. Or Karma will drop away from you.

信奉者:たとえ不完全であったとしても、人は自分の知識を教えることに従事するべきでしょうか?

マハルシ:もし、彼のカルマの集大成がそうであれば、そうしてよいだろう。第7章において、Arjuntaはカルマは一つの修行であるかどうかを尋ねている。Krishnaはこう答える。「もし自分が行っているという感覚がなく行われるのであれば、その通りである」と。カルマを否定する聖典によって認められているカルマもまたそうである。そうした聖典によって認められていないカルマとは、自身が行っているという感覚をもってなされるものである。カルマから離れてはならない。そうすることはできないのだ。自分が行動しているという感覚を捨てなさい。カルマは自動的に進んでいくものだ。あるいは、カルマがあなたから離れていくだろう。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s