Talk 41 (11)

マハルシ 画像

D.: What is that one thing, knowing which all doubts are solved?

M.: Know the doubter. If the doubter be held, the doubts will not arise. Here the doubter is transcendent. Again when the doubter ceases to exist, there will be no doubts arising. From where will they arise? All are jnanis, jivanmuktas. Only they are not aware of the fact. Doubts must be uprooted. This means that the doubter must be uprooted. Here the doubter is the mind.

信奉者:それを知ることによって、すべての疑念を晴らすような、そんな一つのこととは何ですか?

マハルシ:その「疑う者」を知りなさい。疑う者が捉えられば、疑いは生じない。ここにおいて、疑う者とは超越的な存在である。もう一度言おう。疑う者が消える時、疑いは生じない。どこから疑い生じるというのか。すべての人が真我を悟ることができる。ただ、その事実に気がついていないだけなのだ。疑いは無くさねばならない。これは、疑う者を無くさねばならないことを意味する。ここにおいては、疑う者とは「心」のことである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s