Talk 42 (2)

マハルシ 画像

Normal self is the mind. This mind is with limitations. But pure consciousness is beyond limitations and reached by investigation as above outlined.

Getting – Self is always there. One seeks to destroy the obstacles to the revelation of the Self.

Retaining – Having once gained the Self it will be understood to be Here and Now. It is never lost.

Extending – There is no extending the Self, for it is always without contraction or expansion.

Retirement – Abiding in the Self is solitude. Because there is nothing alien to the Self. Retirement must be from some one place to another. There is neither the one nor the other apart from the Self. All being the Self, retirement is impossible and inconsistent.

Abhyasa is investigation into the Self.

マハルシ(続き):通常の自己とは心である。この心には様々な限界がある。しかし、純粋な意識には限界などなく、上の述べた探求により達することができるのだ。

「得る」- 真我は常にそこに在る。真我を発揮する様々な障害を打ち砕きなさい。

「保持する」- 一旦真我を獲得したら、「今・ここに」それがあることがわかるだろう。それは決して失われることはない。

「拡大する」- 真我を拡大することはできない。というのも、それは常に収縮もなければ拡大もないからである。

「隠遁する」- 真我の中に留まることが孤独である。なぜなら、真我にとって無関係なものなど存在しないからである。隠遁生活は、あちこちと移動することであるに違いない。真我を離れたところに、この場所、あの場所などがあるわけはないのだ。すべてが真我である以上、隠遁は不可能であり、矛盾している。

 

Abhyasaとは真我探求のことである。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s