Talk 42 (2)

マハルシ 画像

Normal self is the mind. This mind is with limitations. But pure consciousness is beyond limitations and reached by investigation as above outlined.

Getting – Self is always there. One seeks to destroy the obstacles to the revelation of the Self.

Retaining – Having once gained the Self it will be understood to be Here and Now. It is never lost.

Extending – There is no extending the Self, for it is always without contraction or expansion.

Retirement – Abiding in the Self is solitude. Because there is nothing alien to the Self. Retirement must be from some one place to another. There is neither the one nor the other apart from the Self. All being the Self, retirement is impossible and inconsistent.

Abhyasa is investigation into the Self.

マハルシ(続き):通常の自己とは心である。この心には様々な限界がある。しかし、純粋な意識には限界などなく、上の述べた探求により達することができるのだ。

「得る」- 真我は常にそこに在る。真我を発揮する様々な障害を打ち砕きなさい。

「保持する」- 一旦真我を獲得したら、「今・ここに」それがあることがわかるだろう。それは決して失われることはない。

「拡大する」- 真我を拡大することはできない。というのも、それは常に収縮もなければ拡大もないからである。

「隠遁する」- 真我の中に留まることが孤独である。なぜなら、真我にとって無関係なものなど存在しないからである。隠遁生活は、あちこちと移動することであるに違いない。真我を離れたところに、この場所、あの場所などがあるわけはないのだ。すべてが真我である以上、隠遁は不可能であり、矛盾している。

 

Abhyasaとは真我探求のことである。

Advertisements

Talk 42 (1)

マハルシ 画像

Mr. Duncan Greenlees, Madanapalli, wrote as follows:- One has at times had vivid ashes of a consciousness whose centre is outside the normal self and which seems to be inclusive. Without concerning the mind with philosophical concepts, how would Bhagavan advise us to work towards getting, retaining and extending those ashes? Does abhyasa in such experiences involve retirement?

Sri Bhagavan answered: ‘Outside’ – For whom is inside or outside? They can be only so long as there are the subject and object. For whom are these two again? They both will resolve into the subject only. See who is in the subject. The investigation leads you to pure consciousness beyond the subject.

信奉者:Madanapalli在住のDuncan Greenlees氏が次のような手紙を書いた。「人は時に強烈な意識の灰塵を持つことがあります。その意識の中心は通常の自我の外側にあり、すべてを含んでいるようにも思われます。哲学的概念を持った心に関わることなく、どのようにしてその灰塵を得、保持し、拡大するよう努力したらよいのでしょうか?そのような経験をした場合、修行を止め、隠遁することになるのでしょうか?」

マハルシ:「外側」と言うが、誰にとっての内側であり、外側であるのか。主体と客体がある限り、そうであるに過ぎない。もう一度言おう。これら二つは誰にとってのものなのか。主体といい、客体といっても、結局は両方共、一つの主体に溶け込むことになるだろう。誰がその主体の中にいるのかを見なさい。そのように探っていけば、あなたは主体を超え、純粋な意識に辿りつくことができる。