Talk 16 (2)

マハルシ 画像

His habits are abstemious; he remains without food of any kind till 1 p.m. and then lunches; he is said to have coffee and biscuits in the evening and retires without any further food. He has been a bachelor all along, walks a few miles a day on an empty stomach, speaks little and is very graceful in his movements. His voice is low and soft and his words appear to come from the heart. He has friends among whom might be counted the late Sir John Woodroffe, Sir Sarvepalli Radhakrishnan and Prof. Thomas, Sanskrit Professor in Oxford University.

彼の生活習慣は節制したものである。彼は午後一時までは何も食べずに過ごし、その後に昼食をとる。彼は夕方になるとコーヒーとビスケットを食べ、それ以上は何も食べないで部屋に戻る。彼は、ずっと独身で、毎日空っぽの胃で数マイル歩き、ほとんど喋ることはないが、その動きはいたって優雅である。彼の声は低く柔らかく、彼の言葉は心の底から出ているようだ。彼の友人の中には、故Sir John Woodroffe氏、Sir Sarvepalli Radhakrishnan氏、そしてオックスフォード大学のサンスクリット語の教授であるThomas氏がいる。

Talk 15

マハルシ 画像

Talk 15.

A question was asked about the Upanishadic passage, “The Supreme Spirit is subtler than the subtlest and larger than the largest.”

M.: Even the structure of the atom has been found by the mind. Therefore the mind is subtler than the atom. That which is behind the mind, namely the individual soul, is subtler than the mind. Further, the Tamil saint Manickavachagar has said of the specks dancing in a beam of sunlight, that if each represents a universe, the whole sunlight will represent the Supreme Being.

ウパニシャッドの中の「至高の霊よりも精妙なものはなく、大きなものもない」という一節について質問があった。

マハルシ:原子構造さえ、心によって理解することができる。したがって、心は原子よりも精妙であると言える。心の背後にあるもの、すなわち個々の魂は、心よりも精妙である。さらに、タミール人の聖人Manickavachagarは、太陽光線の中で踊る小さな粒子についてこう言った。「もしそれぞれの粒子が一つの宇宙を表しているならば、太陽光全体は至高の存在を表していることになる」と。

Talk 14

マハルシ 画像

8th January, 1935

An old man came and sat in the hall. Maharshi was reading Sarma’s Sanskrit recension of Arunachala Akshara Manamalai (the first of The Five Hymns to Arunachala). The man asked softly: “It is said that realisation is beyond expression; and expression always fails to describe the realisation. How is it?”

M.: The point has been mentioned in Arunachala Ashtakam, Verse three where it is admitted that, although the expression of realisation is impossible, still its existence is indicated.

Soon after there were visible signs of emotion in the man. His breath was deep and hard and he fell on the floor prostrating humbly and got up only after one or two minutes. Remaining calm a brief while, he left the place. Evidently the man had some illumination. He sought confirmation from Maharshi, who responded fittingly. He found confirmation, and humbly and feelingly acknowledged the divine intercession on his behalf.

ある一人の老人がやってきてホールに座った。マハルシは、『Arunachala Akshara Manamalai 』(『アルナーチャラへの五つの讃歌』の初版本)のSarma氏のサンスクリット語訳の校訂本を読んでいた。その男性は、穏やかに尋ねた。「悟りは言葉では表現することができないと言われています。言葉は悟りを表すことが絶対にできないと。どうしてなのでしょうか?

マハルシ:その点は『Arunachala Ashtakam』の三番の詩の中で語られている。確かに悟りを言葉で表現することはできないが、それは示されるとある。

するとすぐにその男性の内側に、はっきりとわかる兆候が現れた。彼の呼吸は深く激しくなり、彼は突然床にひれ伏した。ほんの1・2分経つと彼は立ち上がり、少しの間、落ち着いた後で、その場を離れた。明らかに、何かの悟りを得たのだ。彼はマハルシから確証を求め、マハルシはそれに呼応した。彼は確証を見つけたのだ。彼は、謙虚に、そして心から、マハルシが彼のために神とのとりなしをしてくれたことに感謝した。